全身脱毛は医療機関、エステどちらを選択すべき?

全身脱毛は医療機関、エステどちらを選択すべき?

脱毛と言えば以前はワキの脱毛が主流で、余裕があれば手足も追加する程度が一般的でした。しかし今では脱毛機器の進化もあり、短時間で施術が可能になったこともあって全身脱毛をメインに据えているところがほとんどになっています。海外では常識とも言われるいわゆるVIO部分の脱毛も違和感なく受け入れられてきており、日本の脱毛事情の進化もまさに日進月歩の感があります。

全身脱毛を検討する際に迷ってしまうのは、医療機関で行うかエステサロンで行うかと選択ですよね。

剛毛女性の全身脱毛願望

その違いはまず使用する器械違いにあります。

医療機関で使用するレーザー脱毛とエステで使用する光脱毛では、その照射する出力が違ってくるのです。光脱毛器では20ジュール以下、医療レーザー脱毛器は最大60ジュールと決められています。この差により当然脱毛効果は違ってくるので、医療レーザーでは5〜6回で完了する部位が光脱毛では2~3倍の回数がかかってしまいます。

その点だけを考えれば早く完了したい人は医療レーザーを選べば良いとなりますし、実際通う回数を減らしたいのであれば医療機関をお薦めします。

しかし医療機関にもデメリットはあります。

まず出力数が高い分、痛みも増してしまうこと。ただニードルという針を刺して1本ずつ脱毛する方法を経験していると、レーザー脱毛も痛みは痛みにすら感じませんでした(あくまで個人的な感想です)。よく表現される「輪ゴムで弾かれたような感覚」がまさにピッタリで、耐えられない痛みとは感じないでしょう。

エタラビの脱毛でフォトフェイシャルしたような美肌へ

光脱毛はほぼ痛みを感じません。強いていえば事前に冷却するのですが、その冷たさがの方が痛いかもしれません。ですから痛みにとても敏感な人であれば、エステの方がオススメとも言えます。

また料金面でも医療機関の方が高額である傾向にあります。とはいえ探せば廉価な医療機関もあるので、事前によく調べていくつかの候補を体験することをお薦めします。

痛みも皮膚の薄い部位はより強く感じることもあり、全身になるとレーザーでは強く感じてしまうこともあるかもしれません。安くなったとはいえ年単位で通い、金額もそれなりにかかるものなので、対応や予約の取りやすさ、キャンセル時の取扱いといった気になる点をクリアにしてから契約するようにしたいですね。